人類は宇宙のことをほとんど知らない

私たちは誰もが認識できるようにすることで、科学を進歩させてきました。

変化を検出するツールを開発して、誰もが認識できるようにして科学を進歩させてきました。

現在解っていることは、NASAのW-mapでもわかるように、人類が認識できるものは宇宙のたった4%に過ぎません。
でも、それも4%以下かもしれません。

https://ja.wikipedia.org/wiki/WMAP

「宇宙の組成は4%が通常の物質、23%が正体不明のダークマター、73%がダークエネルギーである。」

と書かれています。
少なくとも「人類は宇宙のことをほとんど知らない」ということが真実です。

 

でも、私たちは感性を発揮して、温度・湿度・季節や生体、自然の変化の変化を把握しようと努力しました。

それでも、宇宙のことをすべて知ることが出来ていないのが現状です。

人類は宇宙のことをほとんど知らない” へのコメントが 1 点あります

  1. 宇宙のことは研究が進んでいて、かなり解析が進んでいると思っていましたが、人類が認識できるのは、宇宙の4%だというのは驚きです。
    人類が知らないことはまだまだありそうですね。
    人間の脳がほとんど使われていないのと似ていると感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*